クレバード株式会社 スタッフのWeb運用@トピック

大阪中央区にあるWebコンサルティング会社、クレバード株式会社スタッフが綴る、Web運用テクニックなどに関する備忘録のようなもの?

検索順位がカスタマイズされてしまうときの回避方法

かなり前から、各ポータルサイトでログインしたままで検索すると、その人の好みやよく見るページが上位表示されるようになっています。

SEO対策における表示順位等を調査するのには邪魔な機能ですから、一応、この現象を回避するためにポータルサイトからはログアウトして調査をしていました。

 

ところが、ですよ。

ここ最近、ログアウトした状態でも順位表示がおかしくなることが頻発しました。

具体的には、表示順位が1位になるPCとそうでないPCが出てきたのです。

少し調べてみたところ、ログアウトした状態で検索しても趣味趣向は完全に掴まれています。

Google Ads Preferences Manager

http://www.google.com/ads/preferences?hl=ja

オプトアウトをご覧頂くとわかります。

おおよその人物像がgoogleに推測されています。

 

どうしたもんか。

 

そこで、ブラウザの機能で全く使ったことのない「プライベートブラウジングモード」という機能を使い検索してみると・・・今までの様な結果が表示されるようになりました。

 

「プライベートブラウジングモード」とは、履歴やトラッキングを一切許可しないブラウザーの動作モードです。インターネットエクスプローラFirefox、Google Chrome、Safariといった有名どころは搭載しています。

最近googleがブラウザー仕様の隙間をついてトラッキングする仕組みを始めたらしく、それを回避するための手法(情報)がネット上でも出てくる様になってきたので、一応気にはしていたのですけど、まさかそれを使わなければならない状態になるとは・・・

 

このような趣味趣向に関して、知られてもどうってことないと思われる方もいらっしゃいますし、極端に嫌う人もいます。気になる方は、プライベートブラウジングモード搭載ブラウザでプライベートブラウジングモードにした上でネットをお楽しみください。